40代50代 観たい映画
 
先日のアカデミー賞授賞式で各賞が発表になりました。日本にはこれから入ってくる受賞映画がたくさん。受賞を逃しはしたものの候補になった映画もチェックしておきたい!
そして忘れちゃいけないグラミー賞! 総なめとなったアデルから突然なくなった我らの時代のDIVAホイットニー。それに要チェックの邦画邦楽まで大特集!
 
洋画
アカデミー賞5部門を獲得!
アーティスト(the artist)
最新の映像技術が追い求められる現代において、監督ミシェル・アザナヴィシウスは、スクリーンに<映画の歓び>、すなわち<人生の歓び>を極めてシンプルに映し出した。本作では、CGや合成技術はおろか、色やセリフまでもが姿を消してしまっている。しかし、俳優の眉の動きが伝えるニヒルさ、視線で語る恋心、そして背中で魅せる哀愁など、私たちが頭ではなく心で感じ取ることのできる感情のエッセンスが溢れており、それが故に、本作は甘美でこの上なく美しい。古き良きハリウッドの黄金時代を舞台に、白黒&サイレントという手法で描き上げる、極上のラブストーリー。(作品資料より) http://artist.gaga.ne.jp/
 
メリル・ストリープが二度目の主演女優賞!
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(The Iron Lady )
その強い信念により強力なリーダーシップを発揮した英国史上初の女性首相“鉄の女”マーガレット・サッチャーの姿を描く「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド監督作。出演は「恋するベーカリー」のメリル・ストリープ、「家族の庭」のジム・ブロードベント。
http://ironlady.gaga.ne.jp/
 
ジョージ・クルーニーが主演男優賞にノミネート
ファミリーツリー(The Descendants)
世界中を味わい深い感動で包んだ『サイドウェイ』でアカデミー賞に輝いてから7年、アレクサンダー・ペイン監督の待望の最新作 ハワイ・オアフ島に生まれ育った弁護士のマット・キングは、美しい妻と二人の娘たちと何不自由なく暮らしていた。ところがある日突然、ボートの事故で妻が昏睡状態に陥ってしまう。さらに妻には恋人がいて、離婚を考えていたことが発覚、長女までがその秘密を知っていた。
全く予期せぬ形で人生の転機を迎えたマットに突きつけられるのは、〈家族、人生、そして生命とは何か〉という問いかけ。自らのルーツを見つめ、家族の絆を 取り戻す旅に出たマット。何があっても、人は必ず立ち直れる、人 間の懐の深さ、人生の深遠さを謳い上げる、心震える感動作。
http://movies.foxjapan.com/familytree/trailer.html
 
洋楽
グラミー賞 総なめ
ADELE / 21
世界中で記録的ヒットを出している英国の女性歌手アデルさんが「ローリング・イン・ザ・ディープ」で最優秀楽曲賞などを受賞、候補に挙がった6部門すべてを制覇。
14歳から作曲とギターを始め、19歳の時にアルバム『19』でデビュー。イギリスのアルバムチャートでは、初登場で1位を記録した。
圧倒的かつ包容力のある声、普遍的なメロディー・センス、そしてスモーキー・ヴォイスで歌い上げるソウルフルなアルバム。
http://www.adele.tv/21
http://adele21.hostess.co.jp/
 
要注目のスイートボイス
Dave Barnes / Stories To Tell
日本ではまだまだ有名とは言えませんが、アメリカでは映画やテレビ番組が、たくさんの楽曲を使用。ケリー・クラークソンを初めとする豪華アーティストがカバーするほどの人気ソングライターです。特定のジャンルに執着しないバーンズの音楽は、ロックやポップ、カントリーからブルース、R&Bまで幅広いスタイルの影響を受けている。今回のアルバムについて、バーンズは「ポップ色が強くなってるけど、全ての曲が深く考えられているんだ。そこには不要な部分や演奏なんてないし、本当に全てが充実した曲に仕上がって感謝して いるんだ」と述べている。軽やかな音楽が春にぴったりの一枚。思わず恋をしたくなる!?
http://davebarnes.com/
 
ホイットニーよ永遠に‥‥‥
Whitney Houston / Whitney Houston the greatest hits
先月、突然この世を去ったホイットニー。
ルミナス世代にとってはホイットニー全盛期は青春満喫中! たくさんの思い出とともにホイットニーの曲が心の中にありますよね。
細かい説明は不要! ただただディーバの歌声は永遠です!
http://remembering.whitneyhouston.com/
 
海外TVドラマ
エミー賞5冠&Gグローブ賞受賞!アメリカ視聴率トップの爆笑コメディー!
モダン・ファミリー
エミー賞に旋風を巻き起こし、コメディーブームのアメリカでトップ視聴率の大人気作が、いよいよ日本初放送!!
両親と子供3人の典型的なアメリカ人一家、ラテン系の子連れ美女と裕福じいちゃんの年の差夫婦、養子を迎えたゲイのカップルという、3つの家族が繰り広げるドタバタコメディー!そしてこの3家族の関係は、なんと…全員親戚!? 個性豊かな3つの家族が織りなす爆笑コメディー! とにかくただひたすら笑えます。何も考えたくない時、ちょっと凹んだ時に見れば、いっきに笑顔になれるはず!
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1390
 
法律ドラマであり、女性の生き方のドラマ
the good wife
夫の逮捕をきっかけに、13年ぶりに弁護士に復帰したアリシア。そんな彼女が久しぶりの現場に戸惑いながらも持ち前のバイタリティーと推理力で困難な裁判に挑んでいくリーガル・ドラマ。
ERのジュリアナ・マルグリーズ、SATCのクリス・ノースが夫婦役!とまた、アメリカテレビドラマファンには意外な感じですが(笑) 弁護士に久しぶりに復活した主人公が、キャリアアップしていき、女性としても輝いていく様子と同時に、苦悩も描かれている女性必見のドラマ。
制作総指揮:リドリー・スコット/トニー・スコット という見逃せない作品です。
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/goodwife2/
http://lala.tv/programs/good_wife/
 
邦画
追悼 森田芳光監督
僕達 急行A列車で行こう  
鉄道愛好者の会社員の小町(松山ケンイチ)と鉄工所2代目の小玉(瑛太)はふとしたきっかけで出会い、意気投合。そんな二人だが恋や仕事は趣味のようにうまくいかない・・。大企業で働くマイペースな青年と下町の跡取り息子の対照的同士が、趣味の鉄道を通して近くなり、恋や仕事に悪戦苦闘する姿をのびのびとした空気感で仕上げた、ホットな映画。鉄道マニアにはもちろん、素朴な自然の風景と、純粋に好きなものに夢中になれることの楽しさを、コメディタッチで教えてくれる。ちなみに登場人物の名前は特急の名前になっている。
公開を記念してロケ地の「わたらせ渓谷鉄道」で有名な‘やまと豚弁当’のキャンペーンも実施。年齢問わず、急にふらっと列車の旅に出たくなります・・。http://boku9.jp/index.html
 
邦楽
今注目の女性シンガーソングライター
Ms.OOJA (ミスオオジャ)
1982年10月28日生 A型 三重県四日市市出身。
今、TV番組「恋愛ニート~忘れた恋のはじめ方~」の主題歌が密かに注目を集めている。歌うのは、名古屋出身のクラブミュージシャン。
デビュー曲「It's OK」で2日付レコチョククラブうたデイリーチャート1位を獲得。美しいビジュアルに加え圧巻の歌唱力。
昨年、お馴染の沢田知可子の名曲「会いたい」をカバーして、話題となった。 2/29日発売の、シングル「Be・・・」は、包み込むような奥深い歌声で女性のハートを鷲づかみ、切なく魅了される。
今後の活躍が注目されるシンガーだ。
http://beta.universal-music.co.jp/ms-ooja
2012.3.25
 
バックナンバー
ルミナス世代のカルチャー<習い事>
1: 草花絵・ステンシル絵・ウォールアート
2: 小唄教室
3: "FAIN"(ふぇいん)
4: 女性に人気の「スクラップブッキング」
5: 気軽に始められる「トールペイント」
6: パーソナルのお客様中心の自宅サロン
7: 世界に1つしかない靴を作ってみませんか?
8: 花と緑のある生活をエンジョイするレッスン!
9: 生活を彩り、心を癒してくれる自然の恵み