40代50代 しわ たるみ 紫外線 
 
[肌老化の原因になるシミ、シワを防ぐにはまず紫外線対策!!]
紫外線B(UV-B)が私たち人間の健康に悪影響を与えることが分かってきていますが、紫外線Bよりも有害性が低いと言われている紫外線A(UV-A)でも、大量に浴び続ければお肌の「シワ・たるみ(光老化)」を引き起こしてしまうことが分かっています。
また紫外線B(UV-B)を浴びれば肌の色を黒くするメラニンが作られるのですが、大量に浴びたり、長年浴び続けることによってメラニンが過剰に作られ、それが『シミ・そばかす』となってしまうのです。
いつまでも若々しい肌でいられるよう身体の外側はもちろん、内側からもしっかりと紫外線対策をしましょう。
どうしてシミ・シワって出来るの?
紫外線を浴びると『メラニン』と呼ばれる色素が作られます。このメラニンが肌の色を黒く(褐色)するのですが、メラニンは普通、肌のターンオーバー(約28日)によって抜け落ち、黒くなった肌も元通りになっていきます。
しかし紫外線を大量に浴びたり、長期間、浴びる生活をしたりすると、このメラニンが過剰に作られることがあり、過剰にメラニンが作られた場所が『シミ』となってしまったり、出来てしまったシミがより色が濃くなってしまうのです。
人間が歳をとれば『シワ』ができるのは仕方ありません。しかし加齢に伴うシワとは別に紫外線が原因で出来てしまうシワもあるのです。
さらに紫外線を浴びると細胞内で活性酸素が発生します。みなさんご存知の通り酸素は金属を錆びさせたり油を酸化させ、人間に対してはお肌の艶とハリに重要な『コラーゲン・エラスチン』を破壊し、シワ、タルミを招き、お肌の老化を早めてしまうのだそう。
以上のように紫外線を浴びれば浴びるほど、しみ、しわが出来やすくなるので、シミ、シワを防ぐという意味でも紫外線対策(UVケア)を行うことが非常に大切になってくるのです。
 
 
〜外側からの紫外線対策〜
【日焼け止めを使用する時のコツ】
いろんな種類の日焼け止めが市販されているのでどれを選んだらよいのか迷ってしまいますよね。用途によって上手に使い分けすることが大切です。
1時間程度の外出ならSPF10~20 PA + 数時間の野外でのスポーツなどにはSPF30~50 PA + + +の物を、また海やプールなどへ行く時にはウォータープルーフタイプのものがおすすめです。
《まんべんなくこまめに塗る》
《まんべんなくこまめに塗る》
ここで注意したいのが一度塗ったら大丈夫!と思わず、こまめに汗をかいたり水に濡れたら日焼け止めを塗り直すようにしましょう。そして、手のひらを使って手の甲や足の甲、首やうなじも忘れないよう、まんべんなく塗りましょう。
《一度目立たない部位で試し塗りをし使用した後はしっかりと洗い流す》
また、日焼け止めによる肌トラブルを避けるため使用する前に、まずは目立たない部位、二の腕、太ももの内側などに塗ってみて、かぶれ、肌荒れなどが起きないか反応を見ましょう。また使用後はしっかりと石鹸などで洗い流しましょう。ウォータープルーフタイプの日焼け止めは通常の石鹸やボディーシャンプーではなかなか落ちませんので、専用のクレンジング剤などできっちり落としましょう。
 
【目からも日焼け!?サングラスをかけよう】
日焼け予防 サングラス.紫外線対策として日傘や帽子をかぶるだけでは完璧とはいえません。
日本人はサングラスをかけるのに抵抗がある人も多いかもしれませんが、紫外線対策が進んでいるオーストラリアなどでは眼を紫外線から守るため、子供の頃からサングラスをかけるように大人が指導している場合も多いのです。
紫外線対策でサングラスをかけるのであれば、できるだけ薄目の色で、大きめのレンズの物を選びましょう。濃い色のサングラスは瞳孔を広げてしまい紫外線を浴びやすく、レンズが小さいと上下左右から紫外線が入り込んでくる可能性が高いので効果が激減してしまいます。また最近の眼鏡(コンタクトレンズ)のレンズはUVカット加工がされているものが多いので、サングラスに抵抗がある方はUVカット加工されたメガネやコンタクトをするだけでも十分、紫外線対策に繋がるのです。
ちなみに最近の研究結果で、眼に紫外線を浴びるだけでメラニンが作られるため、肌(皮膚)が黒くなり、日焼けしてしまう事が分かってきました。つまり例え腕、足などの身体を紫外線から守っても眼に紫外線を浴びるだけで日焼けしてしまうんですね。ですので眼に紫外線を浴びれば浴びるほどシミもできやすくなるということなので、眼を紫外線から守ることは白内障など、眼の病気の予防だけでなく、美容にも非常に重要になってくるのです!
【白い綿100%の服はNG!】
紫外線対策を徹底したいのであれば紫外線を浴びる可能性がある場合は物理的に紫外線からお肌を守ってくれる長袖の服(衣類)や手袋、アームカバーを身につけることが大切です。
また夏に良く着られる色は白ですが淡い色よりも濃い色が紫外線を通しにくく、素材も通気性のよい綿素材よりもポリエステルが紫外線を吸収してくれるので非常に良い素材なので、ポリエステルと綿の混紡素材を選ぶようにしましょう。
 
【毎日の肌ケアで気をつけること】
★十分な保湿を(夏は汗で肌がべたべたしがちなので保湿を怠りがちですが、肌が乾燥するとダメージを受けやすいので保湿クリームやローションを使ってしっかりと保湿しましょう)
★角質を取り除く(肌の新陳代謝を円滑にするためにも定期的に角質除去を。ただし紫外線遮断のために必要な角質まで落としてしまわないように注意しましょう。)
★ハイドロキノン配合のシートマスク(紫外線によるダメージを速攻ケアしましょう。)
★高濃度のビタミンCを配合した美白化粧品でメラミンを撃退!(今やドラッグストアなどでも購入できる高濃度ビタミンCでシミを予防&撃退)
★リンパの流れを良くし代謝を整える(紫外線を浴びて老廃物排泄機能が低下した肌のリンパ菅の流れを良くすることでシワやたるみを予防できる)
十分な保湿を(夏は汗で肌がべたべたしがちなので保湿を怠りがちですが、肌が乾燥するとダメージを受けやすいので保湿クリームやローションを使ってしっかりと保湿しましょう)
角質を取り除く(肌の新陳代謝を円滑にするためにも定期的に角質除去を。ただし紫外線遮断のために必要な角質まで落としてしまわないように注意しましょう。)
ハイドロキノン配合のシートマスク(紫外線によるダメージを速攻ケアしましょう。)
高濃度のビタミンCを配合した美白化粧品でメラミンを撃退!(今やドラッグストアなどでも購入できる高濃度ビタミンCでシミを予防&撃退)
リンパの流れを良くし代謝を整える(紫外線を浴びて老廃物排泄機能が低下した肌のリンパ菅の流れを良くすることでシワやたるみを予防できる)
 

〜内側からの紫外線対策〜

【紫外線に強い肌を作る抗酸化物質を摂取しよう!】
紫外線を浴びると体内で活性酸素が発生します。この活性酸素は人間の健康、美容にとって大敵となります。そこで発生した活性酸素を抑えるために積極的に抗酸化物質を摂取しましょう。
 
[抗酸化物質が豊富な食品]
カロテノイド(ビタミンA)(人参 パセリ しそ モロヘイヤ)
ビタミンC(オレンジ レモン いちご ブロッコリー キャベツ じゃがいも さつまいも)
ビタミンE(大豆油 小麦胚芽 玄米 ごま ピーナッツ アーモンド 鶏卵) ポリフェノール(赤ワイン タマネギ チョコレート 緑茶)
ビタミンB(レバー 卵 うなぎ さんま 納豆 牛乳 ヨーグルト ほうれん草 アボガド)
[その他肌に良い食べ物]
L-システイン(はちみつ)肌のターンオーバーを促進する作用がある
酵素を含む果物・野菜(キウイ バナナ レタス キャベツ セロリ)活性酸素の除去を助ける
 
〜老化を遅らせるためにはストレスケアや睡眠も大事!〜
紫外線の他にも食生活やストレスによっても活性酸素は発生します。規則正しい生活、バランスのとれた食事、過不足のない十分な睡眠、適度な運動、日常生活を楽しむための趣味やポジティブな気持ちで過ごし、美肌と健康のために積極的にリフレッシュすることを心がけましょう。
「知らずに過ごしてきて、すでにシミが…」という方も、今からしっかりとケアすることで、確実にお肌の老化を遅らせることができますよ!
 
 
参照記事:【紫外線対策でUVケア】http://www.uvcare1.com/
 
 
矢吹朋子 パーソナルカラー診断 アンチエイジングで若返る方法